2013年10月 モニターキャンペーン Felice Studio

        実際に撮影されたお客様の修整前データです。
        実際に撮影されたお客様の修整前データです。

撮影日時:2013107日(月)8時~13

スタジオ:Felice Studio

プラン内容:24ページプラン(衣装6着、フレーム3個、その他オプション商品)

 

 

はじめに

 

去る107()にモニターキャンペーン1組目の撮影がありました。

 

今回、ご参加いただいたご夫婦は、横浜に在住の40代のご夫婦

SK様、SJ様でした。

 

S様ご夫妻の『韓国フォトウェディング』との出会いは約20年ほど前にさかのぼるそうです。

 

当時ご主人様がお知り合いの韓国人のお家に招待され、

その際にお家でアルバムや飾られていた大きなフレームをご覧になり、その素敵な写真に衝撃を受けたそうです。

 

そしてご結婚を機に、どこかにしまわれていたその時の記憶が蘇り、今回ご主人様が奥さまをリードする形で、

『韓国フォトウェディング』を実現されました。

 

ご結婚の記念となることを行っていらっしゃらなかったお二人は、

思い出を形として残したかったそうです。

 

そして、日本のフォトウェディングについても調べたそうですが、

韓国はリーズナブルで、ファッショナブルなことから、

『韓国フォトウェディング』の方に魅力を感じられていたそうです。

 

ちなみに、S様ご夫妻は、とにかく行動力があり、やることが早く、計画的でした。

それは、『韓国フォトウェディング』を心から楽しみにしていたからだと思います。

 

その証拠に、何とご主人様は『韓国フォトウェディング』について調べ始めたころからその時のためにと、

ずっとダイエットをされていたのです。

 

S様とは撮影までに2度ほどお会いし、

撮影当日にもお会いしたのですが、

毎回別人のように痩せて行かれました。

 

それもすべては『韓国フォトウェディング』のためだったというのですから、

どれだけ楽しみにしていたのかを考えると、

今回お手伝いできたことを本当にうれしく思いました。

 

 

奥さまも水泳に通うなどして、

少しでも写真写りを良くしようと頑張られたそうです。

あまり大変だというようなことはおっしゃられず、

お二人とも楽しそうに、

わくわくしながら撮影の日までご準備をされていたような印象があります。

 

 

 

撮影

 

S様ご夫妻がいろいろと事前にご準備して来られたこともあり、

ドレス選びからヘアメイクまではとてもスムーズに進みました。

 

そして、いよいよ撮影が始まりました。

 

まず、奥さまの一人写しから撮影はスタートしました。

 

衣装もヘアメイクもとても素敵な仕上がりで、さらに奥さまの笑顔がとても可愛らしく、素敵でした。

 

続いてご主人様も加わって撮影が続きました。

このご主人様もとても笑顔が素敵で、この日を迎え、楽しみにしていた『韓国フォトウェディング』をついに実現されたその喜びがひしひしと伝わってきました。

 

スタジオのカメラマンが「本当に二人初めてかな。経験者じゃない?」と驚くほど、笑顔やポーズが上手でした。

 

とはいえ、やはり初めはお二人とも少し緊張しているようにも見えました。

そこで、スタジオのカメラマンを初めスタッフが

一生懸命お二人をリラックスさせようと声をかけたり、

笑わせたりしていました。

お二人にもそのスタッフの気持ちは伝わったようです。

 

 

ちなみに、撮影中はあえて通訳をあまりしないようにしました。

 

理由はいくつかありますが、

まずだんだんとカメラマンが何を言っているのかがわかってくるからです。

 

そうすることで、撮影にもリズムが出てきて、

テンポ良く撮影が進んでいくからです。

 

実際、とてもテンポ良く撮影が進みました。

 

お二人からも「撮影が進んで来ると雰囲気でなにを求めらているのかが理解できてきました」との感想をいただきました。

 

 

また、もう一つの理由はせっかくの『韓国フォトウェディング』なので

日本ではできない経験をしていただきたいと考えたからです。

 

通訳のない中で、お客様とスタジオのスタッフとが、

一生懸命にコミュニケーションを取ろうとし、

簡単な英語やジェスチャーなどを使いながら、

一緒に撮影を進めていったことは、

お客様にもスタジオにも、大変だったとは思いますが、

同時に良い思い出になったのではないかと感じています。

 

 

ただし、どうしても伝わらないことや重要なことは

通訳を入れるようにし、サポートさせていただきました。

 

また、お二人からは

「(撮影で)必ず飛びかわされる簡単な韓国語やスタジオの方への日本語がカード等で示されているといいのかな~と思います。」とのご要望をいただきましたので、

 

ぜひ今後の改善点として取り組んでいきたいと思います。

 

 

『韓国フォトウェディング情報館』が撮影した、実際のお客様のスナップ写真です。

 

撮影は途中からどんどんテンポが良くなり

最後の屋上での撮影へと進みました。

 

ただ、撮影開始から数時間が経過していたため、

お二人とも少し疲れが見え始めていました。

 

そんな中、屋上へ上がってみると、

何とくもり空の雲の切れ間から、時折日差しがみえていました。

 

まさに奇跡でした。

 

ここでお二人も、そして私たちもテンションが上がり

最後の屋上でのシーンを撮影することができ、

無事に撮影を終えることができました。

 

最後のシーンの撮影が終わった時のお二人の表情からは充実感と、

また名残惜しそうな様子が見てとれました。

 

そして、やっと終わったなというホッとした様子にも見えました。

 

今回は6着のドレスでしたので撮影は約3時間に及びました。

 

しかし、当初の予定より、約1時間も早く撮影が終了しました。

 

 

撮影中はご自身で持って来られたビデオでも撮影をされていました

 

私たちも終始カメラで撮影をさせていただきました。

 

後日私たちの撮った写真のデータをお送りしたところ、

大変に喜んでいただけました。

 

また、ビデオの方はお二人から私たちにプレゼントとしてお送りいただきました。

 

あの楽しい撮影の様子を映像で残すことができとてもうれしく思います。

 

この場をお借りして、改めてお礼を申し上げたいと思います。

 

 

どうもありがとございました。

 

 

最後に

 

『韓国フォトウェディング』をするに当たり、当初は業者、つまり今回でいえば私たち『韓国フォトウェディング情報館』が信用できる業者なのかどうかが最も心配だったそうです。

 

しかし、撮影を終えて先日お会いした際には「スタッフの対応」、「丁寧な対応やアドバイス」、「タイムリーな回答」が良かった。そして「総合的なことが、私たち夫婦とマッチしていた。」とのお言葉をいただきました。

 

私たちもS様ご夫妻からはいろいろと勉強させていただきました。また、20年越しの思いを実現するお手伝いをさせていただけたことを大変光栄に思っています。

 

 

ぜひ、今後もお客様に喜んでいただけるサービスを提供し、

おひとりお一人の心に残る『韓国フォトウェディング』の実現をお手伝いしていきたいと思います。

 

 

 

 

>>>2013年10月撮影 S様の体験談はこちら

>>>Felice Studioのサンプルはこちら