2013年10月 モニターキャンペーン Vanessa Studio

撮影日時:2013年10月8日(火)11:00~18:00

スタジオ:Vanessa Studio

プラン内容:20ページプラン(衣装4着、フレーム2個)

  

 

 

はじめに

 

10月8日(火)に、モニターキャンペーン2組目の撮影に立ち会わせていただきました。

 

 

この日撮影されたのは、20代のご夫婦(W様、O様)でした。

 

お二人は12月にご結婚式を予定されていて、

『韓国フォトウェディング』のお写真をウェルカムボードとして使用したいとのご希望でした。

 

福岡在住のお二人は、中学校からのお友達なんだそうです。

 

とても可愛らしいご新婦様と、クールで心優しいご新郎様というカップルでした。

 

 

お二人からは出発前日に、メールで、

「いよいよです~本当に楽しみです。

まさか本当に自分達が韓国でフォトウェディングが出来るなんて…(^^) Zii Koreaさんと巡り会えて本当に良かったです。」とのうれしいメールをいただいていました。

 

 

そして、いったいどんな方なのかと楽しみにしながら、

同時に最高のフォトウェディングをしていただき、素敵なウェルカムボードをご結婚式に飾っていただこうという思いがより一層強く湧いてきました。

 

 

ちなみに、お二人は博多から釜山まで、高速フェリーでお越しになりました。伺ったところ、飛行機のように、出発2~3時間前に行く必要もなく、出入国審査もあまり時間がかからないということでした。博多までのアクセスが簡単な方は、ぜひフェリーをご利用になると良いのではないかと思いました。

 

 

 

 

衣装選びとヘアメイク

さて、この日は、夜から翌朝にかけて台風がもっとも接近するとあって、朝からあいにくの雨となりました。

 

お二人は予定より30分ほど早く到着されたようで、すでに衣装選びを終えていらっしゃいました。日本語が通じない中でも、何とかスタッフとコミュニケーションができたようです。

 

ドレスはどれも日本ではなかなか無い、体のラインを活かしたスリムなデザインのものを多く選んでいらっしゃいました。それがまた、とても良くお似合いで、スタジオ内でも噂になるほどでした。

 

 

ちなみに、帰国後にいただいたメールには撮影用のドレスが素敵すぎて、結婚式で着るドレス選びに苦労されている様子が書かれていました。やはり、韓国で好まれるドレスは、なかなか日本では見つけにくい、素敵なドレスがあるということなんだなと実感しました。

 

 

ヘアメイクの際には、すぐそばで通訳のスタッフが待機していました。お二人のご要望を担当者に伝えたり、担当者からの提案をお二人に伝えたりと、予想通り通訳が必要な場面が何度もありました。

 

途中、通訳がご新郎様のお着替えのために5分から10分ほどその場を離れている時間がありました。

 

その間、私はご新婦様の近くに残っていました。通訳のスタッフがいないとわかると、スタジオのスタッフが一生懸命話しかけていました。簡単な日本語や、スマホで辞書を引きながら、ちょっとおかしな日本語でやり取りする場面があり、ご新婦様も笑って、楽しい雰囲気となりました。

 

するとそこへご新郎様と通訳のスタッフが戻って来ました。二人とも、なぜ皆がそんなに大笑いしているのか分からない様子でしたが、とても楽しそうな雰囲気ができ、残りのヘアメイクやご新郎様のヘアメイクなどもリラックスして進められたように思います。

 

 

 

 

撮影

撮影開始前には、カメラマンから撮影に関する基本的な説明がされました。ここでも重要な説明がいくつもあるため、通訳をさせていただきました。そして、いよいよ撮影が始まりました。

 

Vanessa Studioは同じフロアにいくつもセットがあり、他のお客様が隣のセットなどで撮影されています。

 

そのため、撮影するセットの位置関係や、タイミングがぶつからないように、撮影の順番もしっかりと計算されています。

 

 

そして、今回のお客様は、何と最初からやや高度なポージングが要求される撮影となってしまったのですが、カメラマンやスタッフ、さらには別の撮影のお客様が覗きに来るほど、上手に撮影をされていました。

 

ご新婦様は、撮影開始からすでに撮影を楽しんでいるかのように見えました。

 

一方、ご新郎様は少々緊張している様子がありましたが、徐々にリラックスされ、白い歯がこぼれるようになりました。

 

今回のカメラマンさんはポージングについては自らやって見せてくれる方でした。新婦様のポーズもやって見せて笑いをとったりと、とても楽しい雰囲気作りをして下さったのも、お二人がリラックスして撮影できた、大きな要因だったかもしれません。

 

 

 


また、ヘルパーのイモ(おばちゃん)も、素敵なカップルの撮影を担当させてもらい、嬉しそうに、楽しそうに、一生懸命サポートしてくれました。

 

 

ちなみに、撮影中のヘアチェンジは、ちょっとしたアレンジではなく、ほぼ一からのヘアチェンジを、計3回行いました。これは、スタジオにもよりますが、Vanessa Studioの人気の一つはこのヘアメイクのサービスの質の良さだと思いました。

 

 

今回のご新婦様もVanessa Studioのヘアとメイクが本当に気に入ったようで、「ヘアメイクが最高でした!!」という喜びの感想をいただきました。

 


撮影終盤にはご新郎様のご両親もスタジオに立ち寄られ、撮影風景をご覧になり、記念に数枚ご一緒のお写真を撮らせていただきました。

 

撮影後にはご新郎様の方から『一緒に写真を撮りましょう‼』と言っていただき、記念に一枚。とても、大切な一枚となりました。

 

 

 

 


最後に

 

今回撮影されたW様、O様カップルは約半年前に韓国フォトウェディングを知ったそうです。そして、シュチュエーションが豊富で雑誌のモデルさんみたいに撮ってくれることに魅力を感じ、今回『韓国フォトウェディング』を実現されました。

 


ただ、言葉も文化も違う外国での事なので、当初はとても不安な事がいっぱいだったそうです。また、信頼できる業者を見つけることができるかどうかも心配されていた中で、私たち『韓国フォトウェディング情報館』をお選びいただきました。

 

今回の撮影前にアンケートにご協力いただいたのですが、私たち『韓国フォトウェディング情報館』をお選びいただいた理由として、私たち「スタッフの対応が違う、対応が迅速で、心強かった」というありがたいお言葉をいただきました。

 

一方で、撮影後のデータのお渡しに手間取ってしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました。この点につきましてはしっかりと問題点とその対応方法もわかっりましたので、今後のお客様へのサービス向上につなげることができたと思います。

 

 

なお、撮影風景などを収めたスナップ写真を数百枚お送りしたところ、大変喜んでいただき、ご結婚式でも何枚か使いたいと言っていただけたのも、大変うれしく思います。

 

今後は12月のご結婚式までに素敵なウェルカムボードをお届けし、さらに後日アルバムをお届けするまで、しっかりとサポートさせて頂こうと思っています。

  

 

>>>2013年10月撮影 W様の体験談①はこちら

>>>2013年10月撮影 W様の体験談」②はこちら

 

>>>Vnessa Wedding Studioサンプル写真ははこちら