トップカメラマンが撮影した「サンプル写真」と「実際に撮影した方の写真」の比較

 

どちらがスタジオのサンプル写真だと思いますか?

 

もちろん、正解は「左」の写真です。

 

 

■構図について

 

左のサンプル写真は

人物を中心からやや右側にずらし、

後ろの窓やインテリアと人物の間の遠近感が感じられます。

 

カメラマンもやや右寄りから撮影しているため、

左側が奥行きのあるように見えます。

 

 

一方、右の一般の方の写真は、

人物とテーブルを写真の中心に配置し、

写真全体としても中央に被写体が集まっていて、

周りが殺風景になっています。

 

 

 

■ポーズについて

 

左サンプル写真では、

モデルが頭から足先まで、

緩やかな曲線を描くポーズをとっています。

 

 

一方、右の一般の方の写真では、

上半身がまっすぐに立っていて、

やや硬さの見えるポーズになっています。

 

 

 

こちらも「左」が、スタジオのサンプル写真です。

 

 

■構図について

 

左のサンプル写真では、

写真の中央に人物を配置して、

やや遠目から全体を写すように撮っています。

 

その分、被写体は少し小さくなりますが、

お互いの顔を近づけたポーズが、

「山」のような形となり、

特徴を作り出しています。

 

 

一方、右の一般の方の写真では、

同じく写真の中央に人物を配置していますが、

サンプル写真よりも大きく人物を映し出しており、

少し窮屈な感じがします。

サンプル写真と並べる事で、

よく分かるかと思います。

 

 

■ポーズについて

 

やはりサンプル写真の被写体は、

その曲線(Sライン)が美しく映し出されています。

 

男性の足も、実際には大変そうですが、

「山」型を作り出す、大事なポーズになっています。

 

 

一方、右側の一般の方は、

やはり上半身がまっすぐに伸びていて、

全体的に硬さが感じられます。