韓国と日本で、アルバムの印刷方法がちがう!?

インクジェットでの印刷。実物を見ないと良さが伝わらないのが残念。
インクジェットでの印刷。実物を見ないと良さが伝わらないのが残念。

 

『韓国フォトウェディング』のアルバムをご覧いただく際に

 

多くの方が「これ良いですね~^ ^」と

必ず言っていただけることがいくつかあります。

 

 

その1つが印刷方法。

 

日本のアルバムは銀塩印刷が多いのですが、

今の韓国の主流はインクジェットでの印刷です。

 

 

人気スタジオはどこも今はインクジェットでの印刷です。

 

 

実際のアルバムをご覧になった皆さんは、

その柔らかく温かみのある質感に感動されて、

 

「インクジェットなんですか?確かに・・・」

「こういう方が素敵ですね」

 

とおっしゃって下さいます。

 

 

ちなみに、銀塩よりインクの方が

細かい部分まで表現できるのだそうです。

 

 

でも、このインクジェットでの印刷の良さが

インターネットでは全く伝わりません。

これがいつも残念でなりません。

 

 

でも、今ならアルバム展示会で実際に手に取ってご覧いただくことが出来ます。

12日(火)まで開催されていますので、ぜひご来場ください。

 

++++++++++++

 

『韓国フォトウェディング』アルバム展示会in表参道

 

++++++++++++

 

 

 

今日はあいにくのお天気ですが、

その分展示会も空いているのでじっくりご覧いただけますよ^ ^

 

 

ところで、昨日はブライダル業界の関係者からいただいた展示会の感想をご紹介しましたので、

今回は一般の方の感想をご紹介しますね。

 

 

「1つ1つ雰囲気も違ってみているだけでとても楽しく、魅力を感じました。田代さん、ミンジさんのハートフルで丁寧な説明で、ますます興味が湧きました。」(一般女性)

 

「インターネットで見るのとは全然違って良かったです。」(一般女性)

 

「応援で来たつもりが、夫婦で撮りたいなと思い始めるぐらい良かったです。」(一般男性)

 

「イメージしていたよりおしゃれでした」(一般カップル)

 

「アルバムを見ることで、こんな風に撮って欲しいというイメージが出来ました。日本のアルバム・写真に比べると全くの別物であるということが分かりました。」(一般男性)

 

「印刷方法やポーズなど、スタジオによっていろいろ差があると感じました。スタジオ選びも重要ですね。」(一般カップル)

 

「どのスタジオも素敵な写真ばかりで感動しました。私もいつか韓国に行って実現したいです。」(一般女性)

 

 

また、こんな方もいらっしゃいました。

 

「つい先日、実際に韓国でフォトウェディング撮影してきたところだったので、(展示会がやっていて)本当にびっくりしました。日本でも流行ることを心から望んでいます。」(一般女性)

 

『韓国フォトウェディング』をされる方は、間違いなく増えているんですね。

 

 

 

 

なお、ご来場者の方の紹介で、翌日にはそのご友人がご来場されるなど、

感動の波が広がっている『韓国フォトウェディング』アルバム展示会in表参道ですが、

今後の展示会の開催は未定です。

 

 

ぜひ、今回の展示会にご来場いただき、

ご自身やご家族、あるいはご友人の一生に一度のご結婚の思い出づくりに、

“もうひとつの選択肢”を増やしてみませんか?

 

 

一歩踏み出す勇気が、あなたのフォトウェディングの概念を

 

大きく変えることになるかもしれませんよ()