【撮影レポート】2014年 Wonkyu+ Masterpiece(後半)

 


いよいよ撮影の始まりです。


撮影のスタジオはウォンギュマスターピースです。

 

ウォンギュは言わずと知れた、

韓国のフォトウェディングではとても人気のスタジオです。

 

マスターピースはアンティーク調のセットで人気を得ています。

 

細かいところまでこだわった作りで、

セットを見るだけで楽しくなってしまいます。






新婦さんは写真が大好きとのことで、

カメラマンの要望するポーズや表情を

瞬時にこなされました。

 

そのセンスの良さに、カメラマンも

「本物のモデルさんみたいだね!」

と感激する程。

 


 

 


中国では、日本や韓国以上に写真を撮ることが多いそうで、

ポーズを撮ることに日本人のような

恥ずかしさや抵抗感が無いそうです。

 

カメラマンさんは中国語ができず、

新郎新婦さんは韓国語ができずでしたが、

何度も撮影を繰り返しているうちにお互いに

「こっち向いて」

「右、左」

「笑って」

などの言葉を分かる様になっていました。

 

そうなってくると、

新郎新婦さん、カメラマンさんも楽しくなってきます。

スタジオでは、日本語/中国語/韓国語と3カ国語が飛び交いますが、

笑う声もずっと聞こえてくる楽しい撮影になりました。

 


 


 

ウォンギュで、ふと気づいたことがありました。

 

 

それは、他のスタジオに比べて用意してある靴が多いことです。

 

新婦さんのドレスは長いことが多いので、

基本的には靴ではなくつっかけサンダルの

ようなものを履くことが多いです。

 

 

 

そして、足の見えるドレスのときだけ

靴を履き替えるのですが、

スタジオに寄ってはそんなに靴の種類がありません。

 

ウォンギュでは、

靴が5足以上それもサイズ別にたくさん準備されていて、

ドレスに合わせて変えてくれるという形式でした。

 

 

そういった細かい配慮が人気の秘訣なのかもしれませんね。

 


また、ウォンギュマスターピースでは

白黒の写真も素敵に沢山撮ってくれます。


 

 


 

 

この日も、たくさんの新郎新婦さんが撮影を行っていましたよ。

 

ウォンギュマスターピースでは、

アンティーク調のセットに合わせて

アンティークドレスの貸し出しもしれくれます。

華奢な体の新婦さんが着たら、とってもお似合いでした。

 


 

この写真は、

休憩時間に新婦さんの特技について話していた時に、

でてきたポーズだったのですが、

おもしろいので撮ろうということになり撮ったものなんです。

 

 

休憩時間の一こまがこんな素敵な写真を生み出してくれました。

 

 


 

 

長い撮影でしたが、みんなで軽食などを食べながら、

休んだり、笑ったりしていたので

疲れは吹き飛び楽しさだけが残る撮影となりました。

 

 

アンティーク調のスタジオをお探しの方はぜひウォンギュへ!!

 

 

 

>>>【撮影レポート】2014年ウォンギュマスターピース(前半)


 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

 

●キャンペーンなどのお得な情報をGETしよう!!

www.zii-korea.jp/メールマガジン/ 

 

●先輩花嫁さんの体験談

www.zii-korea.jp/先輩花嫁さんの声/

 

●賢く集める『韓国フォトウェディング』情報

www.zii-korea.jp/情報館-ご利用ガイド/

 

●ご相談・お問い合わせ(※お申込みが前提ではないのでお気軽にどうぞ!!)

www.zii-korea.jp/無料相談-お問い合わせ/ 

 

●お友達を紹介してください(※特典もご用意しています!!)

 www.zii-korea.jp/お友達紹介特典/

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・