これ、本当に大切なので、繰り返し発信し続けて行きます!!

撮影後のお客様と通訳のローラちゃん(中央)
撮影後のお客様と通訳のローラちゃん(中央)

寒いですね~(>_<)

僕は寒いのが大の苦手です。




昨日はお昼前にちょっと外に出たんですが、

まだ陽射しがある分暖かかったので良かったのですが、

それでも空気は冬の空気になっていました。




これからの朝晩は、だんだんと布団から出るのも、外に出るのも、

気合を入れないと出られない寒さになって行くんでしょうね(>_<)

気が重くなりますね。。。






あなたは冬は好きですか?








さて、本題です。




先日、10月にソウルのスタジオで撮影されたお客様から、

喜びのメッセージをいただきました^ ^






「先週末にアルバムとフレーム届きました!

完全に見入ってしまいました。笑



彼もフレームの写真とても気に入っており、

4月の挙式にはぜひウェルカムボードとして飾りたいと思ってます。



本当にありがとうございました^_^」






と、こんな感じのメッセージでした。




嬉しいですね~^ ^




こういうメッセージをいただくたびに、

この仕事をしていて良かったなと毎回思います。








ちなみに、このお客様からは、10月の撮影後のアンケートで、

このようなコメントをいただいていました。






「韓国語がある程度できるため

通訳がいなくてもいいと思っていましたが、



通訳のローラさんのおかげで、

撮影の裏風景を自分のカメラに収めていただくことができ、



動画を作っていただいたり、

おいしいお食事の店を探してもらったり、

本当に助かりました。




長時間にわたる撮影だったのに疲れた顔をせず、

最後まで丁寧に付き添っていただき

感謝の気持ちでいっぱいです。




この時やっと、

田代さんの言う共感型フォトウェディングの

意味が分かったような気がしました。」






というコメントでした。






ここであなたにぜひ覚えておいていただきたいことがあります。






それは、“共感型”『韓国フォトウェディング』というのは、

あなたに最高の思い出を作ってあげたいという思いを持った、

スタジオのスタッフや通訳がいるからこそできる

撮影スタイルだということです。






言葉が通じれば通訳は要らないとか、

通訳は誰でも良いということではないんです。






有名なスタジオで撮影できさえすれば、

どこのスタジオでも良いとか、

カメラマンは誰でも良いということではないんです。






重要なのは、当日その場にいる皆の想いが

共有されているかどうかということなんです。






だから、僕たちは“共感型”『韓国フォトウェディング』ができる、

厳選した数少ないスタジオのみをあなたにご紹介しているんです。








今はまだ、

“共感型”『韓国フォトウェディング』の重要性を

なかなかうまく伝えられずに悪戦苦闘していますが、




実際体験していただいた方には

その良さを感じていただいています。






なので、僕たちは、

“共感型”『韓国フォトウェディング』の重要性を、

これからも繰り返し発信し続けていきます!!







“共感型”『韓国フォトウェディング』で撮影をしたいなら、

ぜひ僕たちZii Koreaにご相談くださいね^ ^ /


 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

 

●メルマガに登録してキャンペーンなどのお得な情報をGETしよう!!

www.zii-korea.jp/メールマガジン/ 

 

●先輩花嫁さんの体験談

www.zii-korea.jp/先輩花嫁さんの声/

 

●賢く集める『韓国フォトウェディング』情報

www.zii-korea.jp/情報館-ご利用ガイド/

 

●ご相談・お問い合わせ(※お申込みが前提ではないのでお気軽にどうぞ!!)

www.zii-korea.jp/無料相談-お問い合わせ/ 

 

●お友達を紹介してください(※特典もご用意しています!!)

 www.zii-korea.jp/お友達紹介特典/

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・